還暦の翌年の61歳誕生日には、どんなプレゼントが喜ばれる?

還暦の翌年の61歳誕生日には、どんなプレゼントが喜ばれる?

誕生日プレゼントを贈る時って予算にも注意が必要です。
というのも、あまり安すぎるものを贈っても、高すぎるものを贈っても、相手が不快に思ったり、気を遣ったりしてしまうからです。
それに、こちらとしても「いい加減」や「高ければ良いと思っている」と思われたら、ちょっとショックですよね。
やはりそういった意味でも誕生日プレゼントを贈る際の予算ってとても大切なのです。
まず世間一般の61歳の男性の誕生日のプレゼントの予算とは、一体どれくらいなのでしょうか?

 

平均予算としては、大体個人で贈るなら10000円くらい、会社など複数で贈る場合は一人2000円程度が主流のようです。
これくらいの金額だったら高すぎず、安すぎないので、ちょうどよく、もらう方も気持ち良く受け取ることができますね。
しかし、金銭的事情やその男性との間柄によっては予算が5000円程度となることもあるでしょう。
そういった場合、プレゼントの選択肢も少し狭まってしまいますよね。
5000円で本当に喜んでもらえるものって一体何があるでしょうか?

 

手軽にプレゼントできるのが、ハンカチや手ぬぐいです。
夏でも冬でもオールシーズン手を洗ったり汗を拭いたりと、こういったアイテムは活躍しますよね。
消耗品なので、いくつあっても困らないのがこちらのアイテムです。
ブランド物なら、オシャレ感も出て予算内でも収まるしおすすめですよね。
選ぶ方もサイズなど気にしなくて良く、地やデザインだけ気にすれば良いので、楽チンに選ぶことができます。

 

61歳女性の誕生日プレゼントに和菓子

女性はいつになっても甘い物が大好きです。お茶をするのも好きで、その行動の裏にはお茶だけではなく、おいしいケーキやお菓子を一緒にいただきたい。そんな想いが込められています。お茶をするときにケーキセットにする方も多いと思いますが、コーヒーや紅茶と一緒に甘い物が食べたくなるのが女性心理ですね。そこで、61歳女性の誕生日に和菓子を贈るならどういったものが良いのか、調べてみました。

 

61歳となると洋菓子よりも和菓子好きな方が多いですね。若い時はケーキやクリーム系のお菓子が好きだったのに、年齢が進むにつれて、濃厚なお菓子は胸やけがして、苦手になる方が増えるようです。和菓子はお茶や紅茶、コーヒーなど何にでも合います。基本的にどんな和菓子でも喜んでくれるとは思いますが、こちらで特におすすめの和菓子を紹介します。

 

意外と詰め合わせギフトを選ぶと喜ばれますよ。「今日はどれを食べようかな」と選ぶ楽しみができるので、少し高級な和菓子の詰め合わせはおすすめ。和菓子にも色々とありますが、自分では買わないお茶菓子なんかが新鮮なようです。

 

上品で彩り豊かなお茶菓子は、来客が来た時くらいしか用意しないもの。プレゼントするとすごく喜んでもらえますよ。ご当地のお菓子も、自分では買わない方が多いので、贈ってみると意外と喜ばれることが多いですね。ただし、賞味期限があまりにも短いものは、食べきるのが大変。多少の余裕をもたせて渡しましょう。

page top