一生に一度の68歳の誕生日のお祝いに何を贈りますか?

一生に一度の68歳の誕生日に何を贈りますか?

この年代の祖母にプレゼントを贈るのってものすごく迷いますよね。あまり小洒落過ぎたものもよくないし、だからと言って安っぽいものもなんとなく失礼ですよね。でも、68歳というシニア世代になってもやはりおしゃれをしたい、良いものを持ちたいという気持ちは皆さんあると思います。そこで、こちらではエルメスのカバンをプレゼントにおすすめしたいと思います。

 

エルメスというと、30代から40代のイメージがありますが、実はハイシニアからも愛用される、確かなブランドです。年齢が進むとどうしてもそういったブランド物を使うことってないと思いますが、プレゼントされて喜ぶことは間違いないでしょう。しかもエルメスとなるとなかなか自分では買うこと自体難しいので、贈り物には最適です。

 

でも、68歳の祖母に贈るとなると一体どんなエルメスのカバンを贈るのが良いのでしょうか?エルメスと言うと全体的にシックで上品なので、年齢関係なく使えることは間違いないのですが、デザインがあまりにもゴテゴテしたものは避ける方が良いかもしれませんね。また、価格帯は10万円台からと割とエルメスといってもリーズナブルなものも多いです。

 

誕生日プレゼントなら、それくらいの金額のものを選ぶと良いでしょう。そうすることによって、相手も気遣うことなく、嬉しい気持ちだけで受けとることができます。ヴィルヴォルトは、デイリーとしても華やかな場でも使える高級なレザーを使用したエレガントで上品なバッグです。中に大きめのポケットがついているので、機能性も抜群。外出時に重宝しますよ。

 

カバンが金額的に難しいというのであれば、10000円台であるタオルやメモ帳なんかもおすすめですが、普段使いするならタオルの方がきっと喜ばれますね。タオルなら自宅でも外出しても使うことができるし、エルメスとなればブランド力もあるので、華を持たせることができますよ。

 

68歳の父の誕生日に贈るメッセージ例文

誕生日は一年に一回の特別なイベントですよね。父親にはいつも感謝の気持ちがあると思いますが、その感謝の気持ちを伝えるのに誕生日は最適なイベントなのです。でも感謝の気持ちやおめでとうとお祝いの気持ちを伝えるには、一体どういった言葉が響くのでしょうか?ただ「ありがとう」や「おめでとう」だけでは少し物足りないですよね。そこで、68歳の父親の誕生日に贈るメッセージ例文について、こちらで紹介していきたいと思います。

 

娘や息子から手紙やメッセージカードなど「言葉」のプレゼントをもらうとすごく親としては嬉しいものです。これはいつになっても嬉しいものだし、暇さえあれば読み返すという方も少なくないのではないでしょうか?

 

もちろん、「おめでとう」と「ありがとう」の言葉を沿えるのが大前提ですが、「お酒を飲みすぎないように」や「少しは運動してね」「いつまでも長生きしてね」などの、健康を気遣う言葉が喜ばれます。両親には長生きしてほしいものだし、そういった気持ちをダイレクトに伝えると、父親も「自分のことを考えてくれている」と喜んでくれること間違い無しですね。

 

一番感動的なのが、「息子(娘)に生まれてきて良かった」という言葉です。ずっと育ててきた子供に、そういった言葉を言われたら確実に幸せですよね。子供が立派に育っている証拠だと思われることもあり、こういった言葉も付け加えると良いでしょう。

 

メッセージを贈る際には、何かカッコイイデザインのメッセージカードを使うと良いと思いますよ。オシャレで洗練されたデザインのものもあるので、一度見てみてくださいね。

page top